トピックス

タイムCMの最適な組み合わせをシミュレーションする「トータルリーチ オプティマイズ」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「テレビ効果を可視化する」をコンセプトにメディアリサーチデータを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役:福羽泰紀)は、企業がスポンサー提供する番組の組み合わせによって、タイムCMのトータルリーチ(提供番組枠のCMに一度でも接触した人の合計到達率)がどのように変化するかを全パターン算出する自動分析アルゴリズムを独自開発。

複数の候補番組と提供中の番組を組み合わせたパターンごとにCM効果をスピーディにシミュレーションし、最も効率的かつ最大のトータルリーチとなる番組の組み合わせをアウトプットする「トータルリーチ オプティマイズ」を提供開始することをお知らせします。


無数に存在する番組の組み合わせのトータルリーチを全パターン算出し最適な組み合わせを自動分析

サービス開発の背景

企業の宣伝部や広告代理店では、年間2回行われるテレビ番組の改編期に向けて、タイムCM(提供番組内に放送されるCM)の継続や入れ替えといったプランニングを行います。その際、従来は視聴率1%あたりのコストである「パーコスト」により、番組単位でCM効率を評価して考えるのが一般的でした。しかし、複数の提供番組を持つ場合には視聴者の重なりが発生するため、従来のパーコストでは「ブランドターゲットに対してどのくらい届いたのか?」を提供番組全体で評価することが難しいという課題がありました。 こうした分析課題に応えるべく、スイッチ・メディア・ラボでは、全ての候補番組の組み合わせトータルリーチ(到達率)をスピーディに算出し、パーコストのみならず、「トータルリーチ」も合わせてタイムCMのプランニング・意思決定を支援するデータ提供を行うため「トータルリーチ オプティマイズ」を開発いたしました 。

「トータルリーチ オプティマイズ」の概要

スイッチ・メディア・ラボが独自に保有するテレビ個人視聴データをもとに、番組の組み合わせパターンごとにブランドターゲットに対するトータルリーチをスピーディに算出する分析サービス「トータルリーチ オプティマイズ」を提供します。


提供中11番組と候補4番組の中から2番組を入れ替えた分析例。最も費用対効果の高い番組を分析

本サービスでは、候補番組の入れ替えでも、ゼロベースで無数の番組の中からの選定でも、企業のニーズや状況に合わせてトータルリーチのCM効果をシミュレーションし、最適な組み合わせをアウトプットできます。 また、トータルリーチ分析は、基本属性(性・年齢)だけでなく170項目の拡張属性を用いることができるため、企業独自のブランドターゲット属性をより細かく設定して、シミュレーションすることが可能です。

スイッチ・メディア・ラボは、今後も、テクノロジーを駆使したあたらしいデータで「テレビの効果を可視化する」ことで、企業のマーケティング最適化を推進してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トータルリーチオプティマイズお問い合わせ

トータルリーチオプティマイズについてもっと詳しく知りたい方は、以下のフォームからお問い合わせが可能です。

提供番組の最適な組み合わせ分析に、ぜひご活用ください。

資料請求・詳細説明希望フォームへ