トピックス

テレビ視聴データ分析サービスSMARTバージョンアップ / 関西エリアも分析可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視聴データ収集機器の刷新および関西パネル拡大へ

メディアリサーチの株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役社長:福羽泰紀)は、このたび、テレビ視聴データ分析サービス「SMART(スマート)」のシステムUIおよびテレビ視聴データ収集機器をバージョンアップいたしました。また、関西エリア(2府4県)のテレビ視聴データを9月より販売開始することをお知らせいたします。

SMARTv2

CMプランニングや効果測定に。利用拡大する「SMART」

スイッチ・メディア・ラボは、国内最大規模のテレビ視聴パネルを運営し、機械式継続調査によってテレビ視聴データを収集。個人のテレビ視聴を詳細プロフィールで分析できるサービス「SMART」を2014年10月から提供開始。以来、広告主企業・広告代理店・放送局など多くの企業に導入され、CMのプランニング・効果測定などの分析ニーズから利用が広がっています。

また、2018年春、テレビ業界においては、生活者のテレビ視聴方法やライフスタイルの変化から、CMの取引指標が「世帯視聴率」から「個人視聴率」へと変わり、そこに録画再生によるテレビ視聴を示す「タイムシフト視聴率」が加算されるなど大きな変化がありました。

こうした背景から、スイッチ・メディア・ラボでは、テレビ視聴データに対する今後の分析ニーズに応えてゆくため、サービス基盤の強化として、システムUIの向上、テレビ視聴測定機器の刷新、調査パネルのエリア拡大、というSMARTのサービスバージョンアップを行いました。

関西エリアの視聴データも分析可能に

新しいSMARTのサービス提供にあたり、スイッチ・メディア・ラボは、テレビ視聴モニター自宅に設置するテレビ視聴測定機器も刷新しました。

従来の関東エリア(関東1都6県・2000世帯・個人5000人) のテレビ視聴モニター宅にも新型のテレビ視聴測定機器の配布・設置を進めるとともに、関西エリア(関西2府4県)でも新型視聴測定機器によるパネル構築を2018年7月より開始。このたび、関西の有効モニター数が500世帯に達したためSMARTによる関西エリアの分析データを2018年9月より販売開始いたします。年内には、関西も2000世帯・個人5000人のパネル規模にしてゆく計画です。

さらなる新しいテレビの視聴データ取得・分析へ

新型のテレビ視聴データ測定機器は、今後、録画視聴を示す「タイムシフト視聴データ」や、新たなテレビ視聴データ取得にも対応してゆくシステム基盤を備えています。

将来的には、テレビ視聴の「質」を捉える新データの取得にも挑戦し、さらにテレビのプランニング・CM効果分析に活用できる分析サービスとして、SMARTを発展させてゆく予定です。

スイッチ・メディア・ラボは、今後も、あたらしいテレビ視聴データ分析サービスの開発・提供を強化し、企業のプランニングに役立つメディアデータの提供を推進してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料請求・お問い合わせ

「SMART」についての詳しい料金・利用についてはお問合せください。

サービス資料をご提供しています。必須事項をご入力いただきお問合せください。


資料請求・お問い合わせはこちら