トピックス

スイッチ・メディア・ラボ、TVISION INSIGHTS、インテージ3社合同セミナー開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『テレビマーケティングデータの最前線』~広告主が真に必要とする評価軸とは?~

メディアリサーチの株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役社長:福羽泰紀)は、TVISION INSIGHTS株式会社と株式会社インテージと共催で、2019年2月26日(火)に日本マーケティング協会(JMA)において、JMA会員および一般マーケターを対象としたセミナー『テレビマーケティングデータの最前線』を開催いたします。

2018年4月から関東地区でスポットCM取引が、「個人視聴率」及び「録画番組CM時点視聴率」(P+C7)による取引が導入されました。

さらに、ここ数年でテレビ視聴率だけでなく、テレビマーケティングに活用できるデータが各社から提供されはじめ、テレビ広告業界が変わり始めています。

今回の『テレビマーケティングデータの最前線』セミナーでは、テレビマーケティングデータを扱うスイッチ・メディア・ラボ、TVISION INSIGHTS、インテージと、各社サービスを活用している企業から、データを駆使した戦略的テレビマーケティング事例を紹介する他、テレビマーケティングの最前線を深掘りするパネルディスカッションを実施します。

開催概要

スイッチメディアラボ、TVISION INSIGHTS、インテージ3社合同セミナー
『テレビマーケティングデータの最前線』 ~広告主が真に必要とする評価軸とは?~

https://www.jma2-jp.org/event/seminar/190226

参加申し込みフォーム

1名様でのお申し込み
https://www.jma2-jp.org/event/190226/individual-registration
複数名でのお申し込み
https://www.jma2-jp.org/event/190226/group-registration
※メッセージ欄に「スイッチ・メディア・ラボのリリースからの申し込み」とご記入をお願いします。

スイッチ・メディア・ラボは、今後も、あたらしいテレビ視聴データ分析サービスの開発・提供強化し、テレビCM出稿や番組分析など、企業のプランニングに役立つメディアデータの提供を推進してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加