よくある質問

SMARTサービスについて

SMARTはどのようなユーザに使われているのですか?
2014年10月のサービス提供開始以来、CM出稿企業の宣伝・広告やマーケティングご担当者をはじめ、放送局、広告代理店のテレビマーケティングに関わる多くの企業ユーザにご利用頂いております。
いつからのテレビ視聴データが見られるのですか?
2013年12月30日から関東エリア約500世帯(個人約1100人)のデータ分析が可能です。2014年12月15日以降については、関東エリア約2000世帯(個人約5000人)の視聴データをみることができます。
BS放送の視聴データも見られるのですか?
BSについては、放送11局(NHK BS1、NHK BSプレミアム、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ、WOWOWプライム、スター・チャンネル1、 BS11、TwellV)の時間帯別、番組別の視聴データを見ることができます。

*BSの視聴データ利用は、オプションメニューとなります。また、BSは分析できるデータ範囲が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

視聴パネルについて

テレビ視聴パネルの構築・データ取得をどのように行っているのですか?
100万人を超える大規模なネットリサーチ調査パネルから、国勢調査の性・年代・未既婚・居住地分布に極力近似する様に対象世帯を決定し、協力依頼。家族全員での調査協力を承諾してくださったパネル世帯の自宅テレビにスイッチ・メディア・ラボ独自開発の視聴状況測定機器を設置しています。1世帯6人まで、テレビ台数3台までの視聴データを取得しています。
(2018年現在 対象調査エリア:関東1都6県 およそ2000世帯・個人5000人/関西2府4県 パネル構築中)

個別分析について

個別分析や追加アンケートなどは可能ですか?
SMARTでの視聴データ利用メニュー以外にも、個別にテレビ領域における課題をうかがって仮説をたて、リサーチャーによる個別分析も可能です。また、CM接触者に追跡アンケート調査を行い、フリークエンシーによる認知の差や態度変容などを調査することも可能です。
詳しくは「分析サービス」をご覧ください。

料金について

サービス利用料金はどうなっていますか?
個別にご案内いたしますので、詳しくは、お問合せください。