テレビ領域のデータなら
お任せください。

テレビ視聴データについて

テレビ視聴調査パネルから多彩な視聴データを収集。
メディアプランニングに役立つデータとして提供しています。

テレビ視聴に関する国内最大規模の調査パネル

「テレビ視聴」専門の大規模調査パネルを独自構築・運営。パネルクオリティもしっかりと管理しています。

関東 2000世帯(個人約5000人)
関西 1500〜2000世帯(予定)

※関西エリアは2018年末に構築完了予定

調査パネルの自宅テレビに調査機器を設置。
機械式継続調査でデータを自動取得しています。

※国内最大規模のインターネットリサーチパネルから国勢調査の属性分布(年齢・性別・未既婚・居住地)に近似するように対象を決定しています。

テレビ視聴データの調査概要

スイッチ・メディア・ラボによる機械式テレビ視聴測定調査の概要は下記のとおりです。

エリア

関東エリア

1都6県:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

関西エリア (2018年9月〜)

2府4県:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県

調査方法

機械式調査

※家庭用リモコンと独自開発のテレビ視聴データ収集機器「STARBO」による、インターネット通信を利用した機械式調査
※特許取得済み 特許番号 第6133812号

調査パネル

Switch Panelを対象に調査実施

インターネットリサーチパネルより構築した対象エリアの世帯とその家族(4歳以上)
※国勢調査の性別、年齢別、未既婚別、居住地別分布に近似する様に対象世帯を決定

収集開始時期

2013年12月30日より、関東エリア約500世帯から開始
2018年7月より、関西エリアの視聴データ取得開始