ケーススタディ 5
:データの一元管理

効率化・競合分析

テレビとデジタル施策などの
データ数値を一元管理したい
美容系広告主の場合

課題

社内マーケティング会議に提出するデータがバラバラで週次でまとめる作業に時間がとられている。テレビCMの出稿量とあわせて、商品売上、デジタル施策データ、その他のデータを一括で可視化し、マーケティングの意思決定をスピーディに行えるようにしたい。

ご提案

スイッチ・メディア・ラボのテレビCMの出稿量、リーチ&フリークエンシーなどのデータを、DOMOやdatoramaといったBIツールやダッシュボードツールに連携することが可能です。

DOMOと連携した画面イメージ

解決

テレビCMの出稿量、リーチ&フリークエンシーなどの視聴データを、各種BI・ダッシュボードと連携することで、テレビ以外の重要指標と一元管理・可視化することができ、会議のための資料まとめの時間も削減。
関係者がみたいときにすぐ確認できることから、課題の発見や不足している部分への施策実施判断がスピーディになった。

ほかの企業ケーススタディをみる

  • ターゲティング
  • リアルタイム
  • 関西エリア・競合CM把握

企業の課題・テーマに合わせた「分析サービス」もご提供しています。