ケーススタディ 3
:リアルタイム分析

CM分析

リアルタイムにCMリーチを把握し、
不足している属性に対してデジタル施策を
スピーディに実施したい。
デジタル広告代理店の場合

課題

テレビCMのみならず、デジタル広告とセットで展開するキャンペーンを担当。

テレビCMの効果は大きいが、当たらない(テレビを観ない)層もいるので、リーチを属性別にリアルタイムに把握し、不足している層にはデジタルの出稿量を増やす施策をスピーディに実施したい。

ご提案

テレビCMのリーチをスピーディに把握・分析したいなら、SMARTにお任せください!

セグメント(属性)別にリーチ(累積到達率)&フリークエンシー(平均視聴回数)の分析もスピーディに行えます。

CM分析「リーチ&フリークエンシー」メニューでは、GRPや視聴回数を属性別に瞬時に分析。不足しているセグメントとそのボリュームがスピーディに把握できます。

解決

広告主に対して、ターゲットの中でも、若年層(F1・F2)へのリーチが不足していることを具体的に 数値で示すことができたので、若年層へのデジタル広告による出稿を追加する決裁がスピーディにおりた。キャンペーンとしては、テレビ+デジタル広告で、各セグメントへのリーチを補完することに成功。

ほかの企業ケーススタディをみる

  • ターゲティング
  • データの一元管理
  • 関西エリア・競合CM把握

企業の課題・テーマに合わせた「分析サービス」もご提供しています。