ケーススタディ 1
:ターゲティング

プランニング

F2・M2といった性・年齢での
ターゲティングに
限界を感じる
不動産ディベロッーパー広告主の場合

課題

都心のタワー型分譲マンション販売にあたり、富裕者層へCMを届けたい。

予算も限られているため「性別」「年齢」のざっくりしたターゲティングではなく、当社のターゲットをもっと細かい条件で指定し、「効率的なCM出稿のプランニング」ができないだろうか。

ご提案

スイッチ・メディア・ラボのテレビ視聴パネルは、関東エリアでは2,000世帯・個人5,000人から、160以上さまざまな項目で属性アンケートを聴取しています。

「性別・年齢・職業・未既婚」の基本属性に加え、アンケートから取得した「拡張属性」をかけ合わせて、詳細なプロフィールで貴社のターゲット視聴者を設定しテレビ視聴を分析できるため、より効果的なCMプランニングが可能になります。

160項目のプロフィールを活用した「カスタム区分」で自社サービスのターゲットを設定。

解決

東京在住の30〜50代の男女という基本属性に加え、「利用沿線」「世帯年収700万円以上」「1年以内の住宅購入意向」などでカスタム区分を設定し、そのターゲットの視聴が多い曜日・時間帯や番組を分析したことで、より効果的なスポットCM出稿プランへ調整ができた。

ほかの企業ケーススタディをみる

  • リアルタイム
  • データの一元管理
  • 関西エリア・競合CM把握

企業の課題・テーマに合わせた「分析サービス」もご提供しています。