オンライン動画の視聴実態に関する調査

2016年11月24日 プレスリリース
 


・オンライン動画を「週1回以上視聴」、パソコンで41%、スマホで30%
・スマホのオンライン動画視聴、10代では男女ともに「ほぼ毎日」が4割超
・民放テレビ局の見逃し配信サービス、「認知率は約60%、利用率は16%」


 
 

   メディアリサーチデータを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都品川区、代表:福羽泰紀)は、関東1都6県の15歳以上の男女約1,200人を対象に、「テレビ・動画視聴に関するアンケート」をインターネット調査で実施しました。
 
 昨今、インターネットやスマートフォンの普及にともない、生活者やメディアを取り巻く環境は大きく変化しており企業のマーケティングもその対応を求められています。テレビや動画の見られ方について、その変化と実態を把握し、企業の広告・宣伝・マーケティング担当者のプランニングの参考としてもらうため、今回は「オンライン動画視聴」をテーマにアンケート結果をレポートします。

 
 

■オンライン動画を「週1回以上視聴」
   パソコンで41%、スマホで30%


  オンライン動画(有料・無料を問わない)をどのくらいみているか、デバイス別にその視聴頻度をたずねたところ、「週1日以上視聴(合計)」はパソコンで41%、スマートフォン(スマホ)で30%となりました。
そのうち、「ほぼ毎日」視聴しているとの回答は、パソコンで19%、スマホでは13%でした。
オンライン動画のデバイス別視聴頻度

 
 

■スマホのオンライン動画視聴
   10代では男女ともに「ほぼ毎日」が4割超


オンライン動画(有料・無料を問わない)のデバイス別視聴頻度を性・年代で集計したところ、オンライン動画をスマホで「ほぼ毎日」視聴していると回答した割合は、男性10代では46%、女性10代で42%と、男女ともに10代(15歳以上)では4割超となっていることがわかりました。
図: オンライン動画のデバイス別視聴頻度 <性・年代別>

 
 

■民放テレビ局が提供する見逃し配信サービス
   認知率は60%、利用率は16%


 近年、民放テレビ各局は放送中のドラマやバラエティなどの番組を次回放送までの1週間といった期間にインターネットで無料配信するサービスを展開しています。この「見逃し配信サービス」についてたずねたところ、サービス認知は60%。そのうち、利用している人は16%という結果でした。
図: 民放テレビ局の見逃し配信サービスの認知と利用経験

 
 


 
 

<調査概要>

調査方法:           インターネット調査 (外部インターネット調査会社に委託し実施)
調査対象者:        関東1都6県の15歳以上男女
調査実施日:         2016年9月14日(水)~2016年9月15日(木)
有効回答数:   1,236サンプル(性年代均等割付・下表)
集計方法:          人口構成比(平成22年国勢調査)に合うようウェイトバック集計を実施
割付内容および有効回答数内訳


資料請求で詳細レポート差し上げています。

 

 スイッチ・メディア・ラボでは、関東エリア2000世帯・個人5000人の大規模の機械式継続テレビ視聴調査によるテレビ視聴データ分析サービスを提供するほか、今後もさまざまな切り口で、テレビのみられ方についての分析結果もレポートしてまいります。

 
 
 

 
 


サービス概要

スイッチ・メディア・ラボのテレビ視聴分析サービスSMART 詳細はこちら


Swith Media LabのメールNewsをお届けします。

  • サービス最新情報
  • SMARTの公開視聴データ(ランキングや視聴傾向分析など)
  • テレビ視聴・マーケティング・当社サービスに関するコラム など


サービスの詳しいご説明、料金のご案内について

担当者よりご説明・お見積もりいたします。
くわしくは、お気軽にお問い合わせください。